松乾斎東光しょうけんさいとうこう

岩村亮

四代松乾斎東光略歴

2005年 父三代松乾斎東光に師事し、市松人形師としての修行をし、 現在に到る。

職務内容

伝統的手法による市松人形の製作、修理、販売、着物の誂え。
また営業から制作まで幅広く関わり、全国の画廊、ギャラリー等中心に 市松人形の販売、ワークショップの開催をする。

展示会等実績

銀座和光に市松人形を出品
銀座人形館にて個展(2008年より毎年恒例)
浅草橋吉徳本店にて行われるにんぎょううらら展での実行委員長 (2010年より毎年恒例)
浅草ドールワールドフェスティバル招待作家(2009年より毎年2回恒 例)
池袋コミュニティカレッジ講師(2014年) さっぽろ東急百貨店美術画廊個展(2015年より毎年恒例) 令和元年度千葉県伝統的工芸品に指定(2020年)

人形師 岩村亮のメッセージ

伝統的手法による制作の代々続いている市松人形専業の人形師は全国 で2件のみとなりました。
この伝統と美を、新しい世代に残したいと 思っております。
昔ながらの胡粉、桐塑を使い、現代のニーズにあった 市松人形を制作しております。

松乾齋東光

三代松乾斎東光略歴

昭和18年生まれ 本名 岩村賢二
初代 松乾齋東光の次男

昭和44年初代・二代目松乾齋東光に師事。
平成14年三代目 松乾齋東光 襲名。
数々の答礼人形の里帰りに際し「ミス倭日出子」「ミス奈良」「ミス長野」「ミス茨城」などを修復。全国各地で展示会を行う。

昭和44年 初代・二代目松乾斎東光に師事
昭和61年 答礼人形 ミス倭日出子(身長90センチ)を修復
平成元年 東京・池袋の西武百貨店にて市松人形三人展を開催
平成2年 昭和2年にアメリカに友好親善として贈られた市松人形(ミス大阪)を修復
平成6年 昭和2年に贈られた「ミス奈良」を修復
平成14年 三代目 松乾齋東光を襲名
名古屋丸善ギャラリーにて個展開催(第十回目より三代目)
大阪帝塚山ギャラリー蔵にて個展開催。以降毎年恒例
岡山丸善ギャラリーにて個展開催
京都丸善ギャラリーにて個展開催
福岡丸善ギャラリーにて個展開催
平成15年 札幌丸善ギャラリーにて個展開催
平成16年 昭和2年に贈られた「ミス長野」を修復
市松人形たくみ会に参加
浅草橋の吉徳で行われた第一回人形微笑展に出品
平成17年 仙台丸善ギャラリーにて行われた市松人形四人展を開催
山梨・甲府 市川豊玉ギャラリー和楽にて市松人形五人展を開催
浅草橋の吉徳で行われた第二回人形微笑展に出品