岡山丸善シンフォニービル店 おとめ展

1000071295_1

11月16日から11月21日

岡山丸善シンフォニービル店ギャラリー おとめ展

11:00-19:00(最終日16:00閉場)

入場無料 出展 松乾斎東光 / 工房朋

 

江戸末期〜昭和初期の古裂を使用し色彩鮮やかな着物をまとった市松人形約60体が皆様をお迎え致します。
着せ替え人形として一世風靡した市松人形。当時と同じように着せ替えができる仕様になっております。
伝統的な工法の市松人形は世代を超えて永くご愛玩いただけるように作られております。
職人技の市松人形を是非ともご覧ください。
また、市松人形の修理修復、着物のお誂えも受付をしております。

<出展作家>
四代 松乾齋東光
尾形光琳の弟、尾形乾山の流れをくむ、日本最古の市松人形専業工房。
大正13年、墨田区石原に開業後、終戦後千葉県市川市に工房を移転し現在四代目。
答礼人形の修復にも携わりミス岡山の修復を行う。令和元年度千葉県指定工芸品。
桐塑、胡粉仕上げに拘り、天然素材による生命の息吹を感じられ表情豊かな市松人形を拵えております。
HP https://ichimatsu.jp 、Instagram ryoiwamura

工房 朋
1983年より奈良市登美ヶ丘にて人形制作を開始。
胡粉と膠のみを用いた独自の製法で作り上げた市松人形に、
明治・大正期を中心とした貴重な古代裂から縫い上げた衣装を着付けている。
一体ずつ異なる無垢な表情の人形に、思い出のお着物を着せることも可能です。
HP http://dll-tomo.com 、instagram dolltomo